ホーム  > プラセンタの安全性 > 安全面は大丈夫なの?

安全面は大丈夫なの?

ホルモンについて

プラセンタエキスと聞いて、安全性を心配する声はかなり多いように思います。私自身も、サプリメントを摂取する前にネットで口コミをチェックして、いろいろと調べました。その中で多かったのが、「ホルモンが肝臓に残る」という内容の物でした。根拠はあるのか、見てみましたが特別な学術機関の発表はなく、ネットで誰かが書いたものを見て、それをそのまま、いろいろな人が記載して広まった噂のようだと思いました。

なぜならば、サプリメントや化粧品に使用されているプラセンタは、ホルモンが除去されているから、そのようなことは起こりえないからです。恐らく女性ホルモン剤が肝臓に負担がかかるという話が、プラセンタサプリと混同されてしまったようです。

確かに未精製のプラセンタは、成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、泌乳刺激ホルモン、βエンドルフィン、女性ホルモンなどのステロイドホルモンを含むとされていると研究結果が報告されていますが、安全性の観点から、現在製品化されているプラセンタ商品の製造工程には必ず「ステロイドホルモン除去の行程」を含まれているので、この点は心配ありません。

ただ、ホルモンが入っていた方が美容効果が高いと言う意見もありますので、もったいないような気もします。動物は出産後に胎盤を全て食べてしまいますが、これは消耗した体力を回復させるためと言われています。このため、自然含有されているホルモンは、生成されたホルモン剤とは性質が異なるのではないかと私は考えています。

原料の安全性

サプリメントや化粧品に使用されているプラセンタは、豚や馬由来の物が多いので飼育環境が心配です。BSE問題でウシ由来のプラセンタが一掃されたこともあり、動物の持つ病気は特に心配です。無菌状態で育てるSPF豚を使用したり、無農薬のエサを使用したり等、それぞれの企業が謳っている原料の飼育環境をしっかり見てみるといいでしょう。

私のイチオシ プラセンタサプリメントはコレ!!!

 

1位1日8万個売れた伝説のプラセンタはホンマもの!(プラセンタ100)

スノーヴァと競う超人気プラセンタサプリメント とりあえず人気の商品を試したい方におすすめ

1日8万個売れた伝説のプラセンタとのことですが、納得の商品。病気の個体がいない家系の豚のみを使用したり、どこの産地のものなのかが明確という点が評価できます。

サプリメントをわざわざ専門の分析機関に出して、EGF、FGF、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸が自然含有されていると証明した点も、かなり評価しています。

→ 私の詳細レポートを読む

このページのトップへ

ホームへもどる

美容ライターアイコのおすすめプラセンタサプリメント ベスト3

1位
プラセンタ100

プラセンタの原料管理の厳しさがすごい!

プラセンタ100

1日8万個売れた伝説のプラセンタ!原料に病気の個体がいない家系の豚のみを使用など原料が明確な点を高く評価。配合量も高め。

2位
プルクルプラセンタ

アミノ酸が多い
馬プラセンタ使用。

プルクルプラセンタ

北海道日高地方のサラブレッド馬が原料。ニンニクエキスが一緒に配合されて、サプリメントの大きさも小さく飲みやすい。

3位
スノーヴァ

プラセンタ100と
競合の人気商品!

スノーヴァ

沖縄の離島で育てられ、ISO認定工場で生産の豚プラセンタ。プラセンタ100に比べて、ややお高め。

おすすめプラセンタサプリメント分野別ランキング

ぶった斬られたプラセンタサプリメントたち

プラセンタのこと、もっと知りたい!

美容ライターアイコのプロフィール

仕事でプラセンタ研究文献に触れる機会もあった元化粧品メーカー勤務の現在美容ライターをしているアイコです。プラセンタ歴はもう3年ぐらい。今までの経験と、仕事で得たたくさんのプラセンタの知識をもとに今回勝手にw格付けしました!