美白化粧品の成分とは

「美白化粧品」って?

肌を白くする働きかけのある成分を配合した美白を目的とした化粧品は、「美白化粧品」と呼ばれています。「美白化粧品」として販売するためには、美白に効果があると厚生労働省に認可された「美白成分」を配合していることが条件となります。 どの成分がもっとも美白に効果があるのか、それを言い切ることはできません。それぞれの成分とあなたの肌との相性、シミやくすみの原因によっても効果が異なってくるからです。

認可されている美白成分。

2011年5月現在、認可されている成分は9種類。「アルブチン」「エラグ酸」「ルシノール」「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「トラネキサム酸」「リノール酸」「カモミラET」「t-シクロアミノ酸誘導体」です。これらを配合することで美白化粧品として認められ、医薬部外品(薬用効果を持つ、薬に近い化粧品)として厚生労働省に認可を受けることができます。

認可されていない美白成分。

労働厚生省に認可はされていないものの、美白効果があると認められている成分もあります。代表的なものは「ハイドロキノン」と「油溶性甘草エキス(甘草フラボノイド)」などがあります。 美白成分として認可されてはいないものの、化粧品に配合が許されている成分です。

このページのトップへ

このページのトップへ

ホームへもどる

美白化粧水 勝手に評価ランキング

1位
リペアジェル

リペアジェル

完全な無添加化粧品!肌のコラーゲンを増やしてシミをなくす

肌が本来の保水力を取り戻して若々しく蘇った結果、美白が実現します!

2位
デルメッド

デルメッド

三省製薬の美白化粧品

メラニンの生成を抑える複合成分「ピュールプラン」配合。
浸透性が高く、美白成分が肌の奥まで行き渡る。

3位
イデアアクト プラチナVCセラム

イデアアクト
プラチナVCセラム

保湿もしっかり美白美容液。今あるシミにも積極的にアプローチ

「美白センサー処方」によって、あらゆる側面からメラニンに対応。細胞の老化を防止するプラチナ・ナノコロイドを採用。

その他人気の美白化粧水

インナーシグナル

インナーシグナル
大塚製薬
製薬会社の美白化粧水

漂白するのではなくシミの原因を排出。赤ちゃんにシミができない理由であなたの肌にもシミを作らせない。

ポーラ ホワイティシモ

ポーラ ホワイティシモ
ポーラ最強美白成分「ルシノール」配合

保湿成分と美白成分を極小のカプセルにまとめ、肌の奥まで浸透しやすくした処方。

アンプルール

アンプルール
ドクターズコスメ
賞多数受賞の美白化粧水

皮膚科で処方される強力な美白成分「ハイドロキノン」を1%配合。メラニンの量をコントロールして美白に。

アスタリフト ホワイトニング

アスタリフト ホワイトニング
あの人気化粧品アスタリフトの美白化粧水が発売!

独自の技術で極限まで小さくなった美白成分と保湿成分が角質まで浸透。

美容ライター テンコの美白コラム〜知識編

美容ライター テンコの美白コラム〜実践編

美容ライター テンコのプロフィール

イラスト

二十歳のころ、無添加に興味を持ってから、肌の健康を重視した化粧品選びをしています!