肌が本来の白さを失う原因・糖化(とうか)

「糖化」とは?

美容ジャンルにおいてはあまり聞き慣れない言葉ではないでしょうか。最近注目されるようになった「糖化」という現象は、例えば古いご飯が黄色くなってしまうことでも確認できます。これは、たんぱく質が糖と結びつくことにより、黄色く硬い物質(「糖化最終生成物AGEs/エー・ジー・イー」と呼ばれます)に変化してしまうものです。

どうして糖化がよくないの?

人間は炭水化物を必要としますので、どうしても糖を摂取しなければなりません。しかし、AGEsは人間が体内で消化できないものですので、体内に蓄積します。 同じように肌でもこの糖化が起こっているのです。AGEsの特徴が肌に現れ、弾力のない、黄色っぽい肌になってしまうことがわかりました。これは、脂分の「酸化」よりもさらに老化を進めてしまう現象だと考えられているのです。その他、AGEsは生体にとって必要とされる物質の生成を邪魔してしまうなどの弊害も持っていると言われています。

糖化は避けられない?

炭水化物をエネルギーとする人間にとって、糖化は避けられない現象です。しかし、糖を取り過ぎないことで体内での糖化を抑えることができると考えられています。ダイエットのためだけではなくお肌のためにも、食事を見直してみることは重要なポイントです。抗糖化をコンセプトとした化粧品も登場し始めていますので、ぜひ注目してみてください。

このページのトップへ

このページのトップへ

ホームへもどる

美白化粧水 勝手に評価ランキング

1位
リペアジェル

リペアジェル

完全な無添加化粧品!肌のコラーゲンを増やしてシミをなくす

肌が本来の保水力を取り戻して若々しく蘇った結果、美白が実現します!

2位
デルメッド

デルメッド

三省製薬の美白化粧品

メラニンの生成を抑える複合成分「ピュールプラン」配合。
浸透性が高く、美白成分が肌の奥まで行き渡る。

3位
イデアアクト プラチナVCセラム

イデアアクト
プラチナVCセラム

保湿もしっかり美白美容液。今あるシミにも積極的にアプローチ

「美白センサー処方」によって、あらゆる側面からメラニンに対応。細胞の老化を防止するプラチナ・ナノコロイドを採用。

その他人気の美白化粧水

インナーシグナル

インナーシグナル
大塚製薬
製薬会社の美白化粧水

漂白するのではなくシミの原因を排出。赤ちゃんにシミができない理由であなたの肌にもシミを作らせない。

ポーラ ホワイティシモ

ポーラ ホワイティシモ
ポーラ最強美白成分「ルシノール」配合

保湿成分と美白成分を極小のカプセルにまとめ、肌の奥まで浸透しやすくした処方。

アンプルール

アンプルール
ドクターズコスメ
賞多数受賞の美白化粧水

皮膚科で処方される強力な美白成分「ハイドロキノン」を1%配合。メラニンの量をコントロールして美白に。

アスタリフト ホワイトニング

アスタリフト ホワイトニング
あの人気化粧品アスタリフトの美白化粧水が発売!

独自の技術で極限まで小さくなった美白成分と保湿成分が角質まで浸透。

美容ライター テンコの美白コラム〜知識編

美容ライター テンコの美白コラム〜実践編

美容ライター テンコのプロフィール

イラスト

二十歳のころ、無添加に興味を持ってから、肌の健康を重視した化粧品選びをしています!