ホーム > やずやの養生青汁ってどう?ぶった斬り口コミレビュー

やずやの養生青汁ってどう?ぶった斬り口コミレビュー

メジャーブランドで期待が大きいから?こだわりが伝わりきらず、
あとひとつの工夫がほしい印象の青汁。

 総合満足度6位   やずやの養生青汁→ 公式サイトへ

   3.0

  • 飲みやすい
  • 素材へのこだわり

六条大麦若葉を原料にした定番の青汁。健康食品を多く手掛けるやずやの商品ですから、安心感があります。ただ、期待感を強く持ってしまうからか、いまひとつ物足りない印象があったのが残念でした。

味わいは、青くささが残るものの、飲みにくいというレベルのものではありません。香りが青っぽいので、最初は、「マズイのかも…」と思いますが、実際に飲んでみると後味も悪くなく、何度か飲んでいるうちに、気にせず飲めるようになりそう。

契約農家が栽培した原料を、刈り取った日のうちに製品化する姿勢や、栄養の吸収を考えて、破砕せずすりつぶして絞る点は、オリジナリティがあります。ただ、メジャーブランドで、価格も高めとなると、もっとレベルの高いものを期待してしまいます。「こだわって作った青汁」という文言ばかりが目立って、その内容を説明しきれていないだけかもしれませんが、あまり魅力は感じないなぁと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

やずやの養生青汁 こんな方におすすめ!

イラスト
  • 信頼感のあるメジャーブランドの青汁を飲みたい人。
  • 独自の製法で食物繊維をあまり含まないので、お腹がゆるくなりやすい人。

やずやの養生青汁 評価一覧

総合満足度  3.0

原料や製法にもこだわりを持っていることは間違いないが、価格を考えると今一歩物足りない感じがする。

価格  2.0

1ヶ月換算 5,953円(送料込) *定期便の場合
1日換算 198円(税込)
>> 詳細を公式サイトで確認する
1日2袋が目安。1箱63本入りという微妙な設定。継続するには、ちょっと高い印象。

飲みやすさ(味)・
溶けやすさ
 3.5

青っぽい香りや味わいがあるが、飲み慣れてくれば気にならないかなぁといった感じ。溶けやすさはピカイチ。

原料  4.0

六条大麦若葉 ハト麦エキス
(主原料産地:大分県国東半島)
(主原料栽培方法:無農薬・無化学肥料栽培)
六条大麦若葉は、朝と昼で栄養成分が違うことに注目し、朝刈り取って、その日のうちに製品化している。

添加物の少なさ  3.0

味をまろやかにするために、タピオカ由来のデキストリンを含んでいる。

やずやの養生青汁 ここがいまいち!

イラスト
  • 価格が高め。宣伝費込・・・という邪道な考えが浮かんでは消え・・・。
  • 「こだわっている」という割に、他の青汁との明確な違いが、いまひとつ見えてこない。
  • 控えめとはいえ、青くささはあるので、苦手な人もいるかも。

やずやの養生青汁 ここが良かった!

イラスト
  • メジャーブランドで、安心感がある。
  • 無農薬、無化学肥料で栽培した六条大麦若葉を刈り取り時間まで考えて使用。
  • 栄養の吸収を考え、すりつぶして絞る、独自の製法で作られている。
  • 栄養強化のため、ハト麦エキスを加えて、バランスアップ。
  • 製造工程で出た繊維カスを、堆肥として活用している取り組みは素晴らしい。
公式サイトへ

このページのトップへ

やずやの養生青汁 直球 詳細レポート!

飲みやすさや溶けやすさは?

とても溶けやすいけど、味わいは特徴がない。

飲みにくいという程ではないけれど、一般的な青汁に比べて色合いが濃く、香りが強めなので、飲む前に、「マズイかも・・・」というイメージを持ってしまう。実際に飲むと、あと口は悪くなく、風味が少し口に残るものの、不快に思うほどではありませんでした。

シェーカーを使わなくても、軽く混ぜるだけで十分溶けます。ただ、シェーカーを使った方がやわらかい舌触りになるので、こちらがオススメ。

1日2袋が目安で、水の量等の案内を見ても、1度に2袋使うのが基本の様子。それであれば、もう少し大きめの袋にして、1回に1袋を使用する方が、使い勝手がいいのにと思いました。

縦型の箱が多い中、スティックを寝かした状態で入っている高さの低い箱で、保管するのに場所をとるなと思いました。開けにくさも感じ、箱はもうちょっと違ったものがいいです。

公式サイトへ

原料へのこだわりは?

主な原料 ケール
主原料栽培地 大分県国東半島
栽培方法 無農薬・無化学肥料栽培

栽培に適した場所を選んで原料を作り、刈り取り時間にもこだわる。

契約農家によって、無農薬・無化学肥料で栽培。国東半島は、瀬戸内海に面した温暖な地域で、畑に海風が吹き込むため、作物が病気になりにくく、六条青麦を栽培するのに最適な地域。

朝と昼で、成分に違いが出ることから、栄養価の高い早朝から刈り取りを行い、その日のうちに生産工程に入ることからみても、メーカーだけでなく、生産者の意識の高さも評価できます。

また、栄養が吸収されやすいように、葉を粉砕せずにすりつぶして絞るなど、製造にもこだわりが見られます。粉砕する製法では、セルロースという繊維の中に栄養素が取り込まれている状態を変えることができず、なかなか吸収されませんが、すりつぶすことで、これが改善されます。

ハト麦エキスは、栄養価の高い穀物と言われ、良質のたんぱく質や、リン、ビタミン類を多く含んでいるので、栄養面の強化に役立っています。

公式サイトへ

添加物は少ない?

着色料不使用 香料不使用 保存料不使用 栄養強化剤

タピオカ由来のデキストリンを添加。安全性には全く問題なし。

デキストリンは、あまり耳慣れないものですが、多くの加工食品に含まれるもので、安全性が高く、毒性は極めて低い添加物のひとつです。

やずやの養生青汁に添加されているデキストリンは、タピオカ由来のものを使用。青汁に含まれるビタミンやクロロフィル、酵素などの栄養素を包み込み、味わいをまろやかにする役割を果たしているようです。

青汁は、青っぽさやくさみが気になるもので、飲みにくさのあまり継続しなくなったり、がまんして飲み続けるのはもったいないこと。安全性の高い添加物を加えることで、毎日ムリなく続けられるようになるのであれば、添加物はいい役割を果たすものという考え方もできます。

公式サイトへ

やずやの養生青汁 商品情報

商品名 やずやの養生青汁 →公式サイトはこちら
価格 3,570円(31本入り)
申し込み特典 養生青汁3本 シェーカーつき
申込URL https://www.yazuya.com/cam.cgi?cid=9989&did=152
公式サイトへ

このページのトップへ

ホームへもどる

おすすめ 青汁勝手にランキング

1位

青汁の常識を覆す
抹茶のような味わい。

神仙桑抹茶ゴールド

徹底管理された農場で作った桑の葉を使い、お茶職人が作った青汁。モンドセレクション金賞受賞の実力派青汁。

3位

明日葉を使用。栄養満点で飲みやすい。

ふるさと青汁

昔ながらの焼き畑農法で栽培した明日葉は、ケールよりも栄養価が高いと言われる。デトックス効果に期待!

4位

独自農法で育てた
ケールで栄養満点。

ファンケル青汁

中嶋農法といわれる特別な農法で作ったミネラル豊富なケールを使用。ツイントース配合もこだわりのひとつ。

5位

ほんとにマズイ。
それでも満足できる
王道青汁。

キューサイ青汁冷凍

ケールの味わいをそのまま飲む冷凍タイプの青汁。青くさく、飲みにくいのにまた飲みたくなる不思議さ。

青汁分野別ランキング

  • 総合満足度ランキング(粉末)
  • 総合満足度ランキング(その他)
  • 飲みやすさランキング
  • 原料へのこだわりランキング
  • 価格の安さランキング

美容ライター ほろのプロフィール

美容ライター歴10年超のアラフォー女。取材で得た知識をフル活用して、日々美容に励み中。
青汁を飲みはじめたのは、妊娠がきっかけ。そして生まれた息子2人はすでに身長180センチ。あぁぁ、時の流れを感じてしまう…。
野菜不足解消に期待した青汁も、今では美容に・健康にと、求めることがどんどん増え、ますます手放せません!

ぶった斬られた青汁たち

飲むだけではもったいない?

青汁活用法

青汁のいろいろ