ホーム > 使い方は発想次第。料理に使える青汁

使い方は発想次第。料理に使える青汁

いろいろなものにかけたり、混ぜたり…

青汁は、水やお湯、牛乳に溶かして飲むのが一般的ですが、料理に使って、家族の健康管理に役立てたいと考える人も増えていて、いろいろな料理に使われるようになりました。一番手軽なのは、そのまま混ぜたり、かけたりするもの。朝のヨーグルトやシリアル、夜の焼酎に入れる人も多いようです。「おいしくなくなるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、青汁の中には、レモン風味のものやはちみつ入りのもの等、味わいに工夫が加えられたものもありますので、意外においしく食べられます。

マヨネーズに混ぜて、グリーンマヨソース

お料理に使うこともできます。青菜のお浸しや胡麻和えに使うと、あまり味わいの変化もなく、ごく自然に食べることができます。お浸しを大量に食べるのは難しいですし、塩分も気になってしまいます。不足した野菜を補う役割として、自然に青汁が摂取できるのはいいことです。

また野菜炒めなどに混ぜて活用したり、マヨネーズに混ぜて、グリーンマヨソースを作る方法もあります。味わいの強いものに混ぜると、青汁の青くささは気にならなくなるので、あまり抵抗を感じずに、気軽に使うことをお勧めします。意外に卵との相性もいいようで、卵焼きなどは、不思議な色合いのものができて楽しめます。

ご飯やパンに混ぜて家族で食べる

大胆な使い方として、ご飯を炊く時に混ぜて炊いたり、自宅のパン焼き機でつくるパンの種に混ぜる人もいます。摂取できる量は少なめになりますが、家族全員が食べることができるので、健康管理に大いに役立ちます。もちろん、ご飯もパンも緑色になりますが、味への影響はごくわずか。特にパンは、抹茶の風味のような仕上がりで、まずいどころか、おいしさアップといった感じです。

→ 次のページ : 青臭さを消す飲み方

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップへ

ホームへもどる

おすすめ 青汁勝手にランキング

1位

青汁の常識を覆す
抹茶のような味わい。

神仙桑抹茶ゴールド

徹底管理された農場で作った桑の葉を使い、お茶職人が作った青汁。モンドセレクション金賞受賞の実力派青汁。

3位

明日葉を使用。栄養満点で飲みやすい。

ふるさと青汁

昔ながらの焼き畑農法で栽培した明日葉は、ケールよりも栄養価が高いと言われる。デトックス効果に期待!

4位

独自農法で育てた
ケールで栄養満点。

ファンケル青汁

中嶋農法といわれる特別な農法で作ったミネラル豊富なケールを使用。ツイントース配合もこだわりのひとつ。

5位

ほんとにマズイ。
それでも満足できる
王道青汁。

キューサイ青汁冷凍

ケールの味わいをそのまま飲む冷凍タイプの青汁。青くさく、飲みにくいのにまた飲みたくなる不思議さ。

青汁分野別ランキング

  • 総合満足度ランキング(粉末)
  • 総合満足度ランキング(その他)
  • 飲みやすさランキング
  • 原料へのこだわりランキング
  • 価格の安さランキング

美容ライター ほろのプロフィール

美容ライター歴10年超のアラフォー女。取材で得た知識をフル活用して、日々美容に励み中。
青汁を飲みはじめたのは、妊娠がきっかけ。そして生まれた息子2人はすでに身長180センチ。あぁぁ、時の流れを感じてしまう…。
野菜不足解消に期待した青汁も、今では美容に・健康にと、求めることがどんどん増え、ますます手放せません!

ぶった斬られた青汁たち

飲むだけではもったいない?

青汁活用法

青汁のいろいろ