ホーム > 野菜不足を補う青汁

野菜不足を補う青汁

どの年代も慢性的な野菜不足

厚生労働省が、15歳以上に推奨している野菜の1日の摂取量は、350グラムです。現状では、どの年代もこの摂取量を満たしておらず、日本人は慢性的な野菜不足に陥っていると言えます。と言うのも、最近は、食材そのものが持つ栄養価が下がる傾向にあります。そのため、必要な量の栄養を食品から得ようとすると、単純に食べる量を増やさなければいけなくなっているからです。

毎日Lサイズのレタスを1個はムリ

現実的に考えて、野菜を350グラム、しかも毎日食べるのは至難の業です。例えば、レタスで言えば、Lサイズの可食部分がだいたい350グラムくらいだと言われています。毎日Lサイズのレタスを食べるのは、かなり難しいのではないでしょうか。もちろん実際は、いろいろな野菜を合わせて350グラムなのですが、決して簡単ではないということに違いはありません。そして野菜不足は、ビタミンやミネラルの不足を招きます。また、カリウムやカルシウム等の不足は、精神面とも深く関わっています。

青汁なら手軽に飲める

そこで、野菜不足を簡単に補う方法として、青汁が注目されるのです。どれくらいの栄養価が含まれるのかは、各メーカーによって差がありますが、多くは、1日に必要な野菜と同じかそれ以上の栄養価を摂取することができます。手の込んだ調理もなく、気軽に飲めて、不足した栄養を補えるとなれば、青汁を健康管理に活用したいと考える人が多いのも納得。青汁は、日本人の野菜不足を解決する救世主なのかもしれません。

→ 次のページ : たっぷりの食物繊維で、スッキリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップへ

ホームへもどる

おすすめ 青汁勝手にランキング

1位

青汁の常識を覆す
抹茶のような味わい。

神仙桑抹茶ゴールド

徹底管理された農場で作った桑の葉を使い、お茶職人が作った青汁。モンドセレクション金賞受賞の実力派青汁。

3位

明日葉を使用。栄養満点で飲みやすい。

ふるさと青汁

昔ながらの焼き畑農法で栽培した明日葉は、ケールよりも栄養価が高いと言われる。デトックス効果に期待!

4位

独自農法で育てた
ケールで栄養満点。

ファンケル青汁

中嶋農法といわれる特別な農法で作ったミネラル豊富なケールを使用。ツイントース配合もこだわりのひとつ。

5位

ほんとにマズイ。
それでも満足できる
王道青汁。

キューサイ青汁冷凍

ケールの味わいをそのまま飲む冷凍タイプの青汁。青くさく、飲みにくいのにまた飲みたくなる不思議さ。

青汁分野別ランキング

  • 総合満足度ランキング(粉末)
  • 総合満足度ランキング(その他)
  • 飲みやすさランキング
  • 原料へのこだわりランキング
  • 価格の安さランキング

美容ライター ほろのプロフィール

美容ライター歴10年超のアラフォー女。取材で得た知識をフル活用して、日々美容に励み中。
青汁を飲みはじめたのは、妊娠がきっかけ。そして生まれた息子2人はすでに身長180センチ。あぁぁ、時の流れを感じてしまう…。
野菜不足解消に期待した青汁も、今では美容に・健康にと、求めることがどんどん増え、ますます手放せません!

ぶった斬られた青汁たち

飲むだけではもったいない?

青汁活用法

青汁のいろいろ