ホーム > 栄養強化剤って何だろう?

栄養強化剤って何だろう?

身の回りにたくさんある栄養強化剤

あまり聞き慣れない「栄養強化剤」という言葉。でも実は、私たちの周りには、これがあふれかえっています。例えば、コンビニなどで売っているキャンディ。「ビタミンCがレモン○個分」「牛乳○本分のカルシウム配合」などの文字を見かけませんか?

実はこれが、栄養強化剤。商品の差別化や栄養価の高い商品を作るために、実に多くの栄養強化剤が使われています。

青汁は、ケールや大麦若葉など、素材の栄養素がそのまま味わえると思っている人も多いようですが、実はそうでないものもあるのです。(もちろん、栄養強化剤をまったく使用していない商品もあります)

表示がなくても、添加物が入ってる!?

栄養強化剤はいわゆる添加物のひとつですが、成分表示には、ちょっとしたマジックがあります。 例えば、「ビタミンC配合」と書かれた食品の成分表示を見ても、「ビタミンC」とは書かれていません。これは「食品添加物は、原則として物質名を表示する」というルールがあるからで、実際には、「L-アスコルビン酸」または、簡略名の「アスコルビン酸 V.C」と表示されています。さらに、これを栄養強化の目的だけで添加した場合、表示は免除されます(一部除く)。つまり、添加物が入っていることを明示しなくていいということです。ところが、同じものでも、酸化防止剤の役割として使う場合は、添加物のひとつとして表記しなければなりません。実に摩訶不思議なルールなのですが、現状では、成分表示に書かれているもの以外に、栄養強化目的の食品添加物が入っている可能性があると認識しておくしかありません。ただし、「無添加」と書かれたものは、確実に添加物が入っていません。

判断は自分次第

青汁に関しても、メーカーによって立場はさまざま。

無添加とは書かれていなくても、成分表示には添加物がないものもあれば、加熱などの加工工程で失った栄養分を、強化剤で積極的に補っているところもあります。

そして最後に、栄養強化剤のほとんどは、中国で製造されていることをつけたしておきます。

→ 次のページ : 好みで選べる青汁のタイプ。粉末は「溶けやすさ」で選ぶ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップへ

ホームへもどる

おすすめ 青汁勝手にランキング

1位

青汁の常識を覆す
抹茶のような味わい。

神仙桑抹茶ゴールド

徹底管理された農場で作った桑の葉を使い、お茶職人が作った青汁。モンドセレクション金賞受賞の実力派青汁。

3位

明日葉を使用。栄養満点で飲みやすい。

ふるさと青汁

昔ながらの焼き畑農法で栽培した明日葉は、ケールよりも栄養価が高いと言われる。デトックス効果に期待!

4位

独自農法で育てた
ケールで栄養満点。

ファンケル青汁

中嶋農法といわれる特別な農法で作ったミネラル豊富なケールを使用。ツイントース配合もこだわりのひとつ。

5位

ほんとにマズイ。
それでも満足できる
王道青汁。

キューサイ青汁冷凍

ケールの味わいをそのまま飲む冷凍タイプの青汁。青くさく、飲みにくいのにまた飲みたくなる不思議さ。

青汁分野別ランキング

  • 総合満足度ランキング(粉末)
  • 総合満足度ランキング(その他)
  • 飲みやすさランキング
  • 原料へのこだわりランキング
  • 価格の安さランキング

美容ライター ほろのプロフィール

美容ライター歴10年超のアラフォー女。取材で得た知識をフル活用して、日々美容に励み中。
青汁を飲みはじめたのは、妊娠がきっかけ。そして生まれた息子2人はすでに身長180センチ。あぁぁ、時の流れを感じてしまう…。
野菜不足解消に期待した青汁も、今では美容に・健康にと、求めることがどんどん増え、ますます手放せません!

ぶった斬られた青汁たち

飲むだけではもったいない?

青汁活用法

青汁のいろいろ