ホーム > 安全な青汁は、徹底管理された施設で作られる

安全な青汁は、徹底管理された施設で作られる

より安全なものを目指して

食の安心・安全が叫ばれる今日、管理の行きとどいた工場で作られたものを利用したいという思いが、消費者の中に強くあります。特に青汁は健康のために飲むものであり、少しでも納得ができない部分があれば、再購入にはつながりません。各メーカーは、味わいはもちろん、より安心して飲んでもらうために、さまざまな工夫をこらしています。「GMP」や「ISO9001」など、専門的な機関に認定された工場で加工された青汁も多く出回ってきました。

医療機関に適用される基準「GMP」

「GMP」とは、医療工場に適用されることが多い管理基準で、工場の設備基準だけでなく、最良の状態をキープし続けるために、そこで働く人が何をするのかといったルール作りまで明確にしなければならないもの。医薬品工場はこの認定が義務付けられていますが、健康食品業界は義務がなく、いくつかのメーカーが自主的に取得。メーカーの意識の高さを計るひとつのものさしといえるのかもしれません。青汁では、「えがおの青汁」がGMP認定工場で製造されています。

品質管理マネジメントの国際規格「ISO9001」

「神仙桑抹茶ゴールド」のお茶村のように、「ISO9001」という国際規格を取得している工場もあります。これも品質管理マネジメントをさまざまな角度から厳しくルール付けしていくもので、簡単に取得できるものではありません。メーカーのプライドとこだわりがあってこその取得であり、消費者としては、とても安心して利用できるひとつの基準だと言えます。

他のメーカーでも、国際基準などの申請には至らずとも、独自の基準を設け、各項目別に厳しい管理を行っているところが多数あり、ホームページやパンフレットで積極的に紹介していますので、参考にすると、より安心して青汁をのむことができます。

→ 次のページ : 有機栽培・無農薬栽培は、青汁の常識?

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップへ

ホームへもどる

おすすめ 青汁勝手にランキング

1位

青汁の常識を覆す
抹茶のような味わい。

神仙桑抹茶ゴールド

徹底管理された農場で作った桑の葉を使い、お茶職人が作った青汁。モンドセレクション金賞受賞の実力派青汁。

3位

明日葉を使用。栄養満点で飲みやすい。

ふるさと青汁

昔ながらの焼き畑農法で栽培した明日葉は、ケールよりも栄養価が高いと言われる。デトックス効果に期待!

4位

独自農法で育てた
ケールで栄養満点。

ファンケル青汁

中嶋農法といわれる特別な農法で作ったミネラル豊富なケールを使用。ツイントース配合もこだわりのひとつ。

5位

ほんとにマズイ。
それでも満足できる
王道青汁。

キューサイ青汁冷凍

ケールの味わいをそのまま飲む冷凍タイプの青汁。青くさく、飲みにくいのにまた飲みたくなる不思議さ。

青汁分野別ランキング

  • 総合満足度ランキング(粉末)
  • 総合満足度ランキング(その他)
  • 飲みやすさランキング
  • 原料へのこだわりランキング
  • 価格の安さランキング

美容ライター ほろのプロフィール

美容ライター歴10年超のアラフォー女。取材で得た知識をフル活用して、日々美容に励み中。
青汁を飲みはじめたのは、妊娠がきっかけ。そして生まれた息子2人はすでに身長180センチ。あぁぁ、時の流れを感じてしまう…。
野菜不足解消に期待した青汁も、今では美容に・健康にと、求めることがどんどん増え、ますます手放せません!

ぶった斬られた青汁たち

飲むだけではもったいない?

青汁活用法

青汁のいろいろ