健康のために飲みたい青汁。でもガマンして飲むのはイヤ。
そんなあなたに贈る13種の青汁徹底比較。

徹底比較した全15商品の青汁

興味はあっても、どれを選べばいいのか分からないのが青汁。調べてみると、メーカーによって、いろいろな違いがありました。とっても飲みやすい青汁もあれば、マズイのにクセになるものがあったり、単に野菜不足を補うだけでなく、美容面でも期待できるものがあったり。
実際に試して分かった青汁の秘密を徹底分析しちゃいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

青汁ランキング 試した結果の感想早見表

  • 粉末タイプ
  • その他(冷凍・錠剤・缶・ゼリー)
順位 商品 総合満足度 飲みやすさ 原料のこだわり コスト
1位 圧倒的なおいしさ!

神仙
桑抹茶ゴールド

5,985円(1ヶ月)

まるで抹茶!!栄養面もよく質は最高。ただ、少し高め。


青汁ではなく抹茶に近い!


材料はすべて自社栽培。安全にも強いこだわり。


189.5円/1日

3位

ふるさと青汁
3,591円(1ヶ月)

栄養価が高い上に、クセがなく飲みやすい。


飲みやすい。ただ「美味しい!」とまではいかない。


明日葉の葉・茎・根のすべて使用するこだわり。昔ながらの農法で栽培。


136円/1日

4位
ファンケル青汁
2,835円(1ヶ月)

原料へのこだわりは強いが、相当飲みにくい。


ケールの苦い味。かなり飲みにくい・・・


良い土壌を作る工程から始めるこだわり。


94.5円/1日

順位 商品 総合満足度 飲みやすさ 原料のこだわり コスト
5位
やずやの
養生青汁

5,953円(1ヶ月)

全体的に可もなく不可もなく。


青っぽさが若干気になる。溶けやすい。


栄養成分の違いから刈り取る時間を変えるというこだわり。


198円/1日

6位
レモンの青汁
2,928円(1ヶ月)

レモン風味が人工的、人工甘味料も配合。


人工的なレモンの風味が・・・


ケールは最も栄養価の高い、6~7月に収穫したものだけというこだわり。


97.6円/1日

7位
キューサイ
はちみつ青汁

6,840円(1ヶ月)

原料へのこだわりは感じるが、味が微妙、且つ高い。


味はケールそのもの・・・。
はちみつの味??


ケールの栄養価を高めるため、季節によって栽培地を変更。


228円/1日

8位
青汁三昧
1,650円(1ヶ月)

価格は激安だが、産地が明確にしていない点や回答から不信感が・・・


青臭く、味が薄い。


栽培地が不明だったため、問い合わせをすると、中国。


55円/1日

順位 商品 総合満足度 飲みやすさ 原料のこだわり コスト

青汁の選び方 3つのポイント

  • 何を優先するかを決めておく。味、こだわり、価格など。
  • 青くさい味わいが苦手な人は、ケール以外の原料を使ったものを選ぶ。
  • 価格は、1箱あたりではなく、1日あたりいくらかで比較する。

青汁は、継続してこそ、美容や健康に役立つものです。自分がムリせず続けられるポイントを考えて青汁を選ぶようにしましょう。味より価格優先。多少高くてもおいしいもの。美容に役立つもなど、あなたの優先は何ですか?ぜひいろいろな観点からチェックしてみてくださいね。

おいしさで選んだおすすめNo.1!

1位神仙桑抹茶ゴールド    (189.5円/1日)

これが青汁?と思わずうなる。モンドセレクション金賞受賞の抹茶のような青汁。

青汁は、健康のためにガマンして飲むと思っている人は、目からウロコが落ちるかも。飲みやすいを超え、おいしいとさえ思ってしまう新感覚の青汁。桑葉を主原料に、お茶職人が作る青汁は、モンドセレクションや国際銘茶品評会で金賞を受賞した本格派。

原料へのこだわりも強く、中国の手つかずの自然を自ら開拓し、厳しい管理の元、すべての原料を自分たちの手で栽培。まわりに農地がないので、飛散農薬の心配もありません。 → 詳細レポート

総合満足度 4.5納得の品質&味!
原料へのこだわり 4.5厳しい管理基準の元、自社栽培
価格 3.0少し高めも、質を考えれば当然?
飲みやすさ 4.5青汁というより抹茶
添加物の少なさ 5.0使っているのは原材料の3品のみ
配送スピード 2.0注文後6日で到着
商品名 神仙桑抹茶ゴールド →公式サイトはこちら
価格 5,985円(60本入り)
申し込み特典 神仙桑抹茶ゴールド10本、茶筅マドラー、シェーカー、
メタボリ3点セット(万歩計・メジャー・記録用紙)
神仙桑抹茶ゴールド 申し込み特典
申込URL http://ochamura.com/mc/

公式サイトへ

 

青汁歴15年美容ライターがお薦めする一押し青汁はコレ!

1位

徹底管理した桑葉を使い、お茶職人が抹茶の味わいを目指して作った青汁。モンドセレクション金賞受賞という保証付き!

 総合満足度1位   神仙桑抹茶ゴールド→ 公式サイトへ

4.5

  • 飲みやすい
  • 素材へのこだわり

中国で栽培というだけで拒否反応を示す人もいるが、事実を知らないのはもったいない!と思わせるほど、すばらしいこだわりをもった青汁。未開発の土地を切り開き、日本式の栽培法で桑葉を育てているので、安全面はピカイチ。

青汁というより、抹茶に近い味わいで、飲むのがまったく苦にならない。モンドセレクションでの金賞受賞や国際銘茶品評会で金賞を受賞した経歴もあり、その味わいのよさは青汁の常識を超えているかも!

世界でも厳しいと言われるドイツやニュージーランドの検査機関で、残留農薬検査をし、製造工場もISO9001を取得するなど、安全面への取り組みはとても高く評価できます。

1日に2~3袋が目安とのことで、食後等、日常的にお茶を飲む習慣のある人は、自然に生活に取り入れられる。残念ながら私は、食後はコーヒー派なので、お茶を1日に2回飲む習慣がなく、わざわざ感がちょっと面倒だと感じた。お茶を飲む習慣の有無が影響するかも。

神仙桑抹茶ゴールド 評価一覧

価格  3.0

1ヶ月換算 5,685円(送料込) *定期便の場合
1日換算 189.5円(税込)
>> 詳細を公式サイトで確認する
上記は60袋入り。もう少し安くなる90袋入りもある。他に比べると高いが、質を考えれば許容範囲内?

飲みやすさ(味)・
溶けやすさ
 4.5

味は、青汁ではなく抹茶に近い。モンドセレクション金賞受賞のお墨付き。ほのかな苦みもあって、こだわりを感じる味わい。

原料  4.5

桑葉 緑茶 シモン
(主原料産地:中国 浙江省 紹興)
(主原料栽培方法:無農薬栽培)
材料はすべてを自社で栽培。手つかずの自然だったところを切り開き、日本の技術者が指導。安全にも強いこだわりを感じる。

添加物の少なさ  5.0

使用しているのは、原材料の3品のみ。

総合満足度  4.5

青汁を飲んでいる感覚がないのは、大きな魅力。栄養面もよく質としては最高。ただ、少し高め。

神仙桑抹茶ゴールド ここがいまいち!

イラスト
  • 1日2~3袋が目安で、日常的にお茶を飲む習慣のない人には、ちょっと厳しい。
  • 定期コースでない場合は、送料がかかる。(300~600円)
  • 栄養成分表が、100グラムあたりの表記しかなく、不親切。
  • 質が高いので納得できなくもないが、やはり高い。
  • 粉末が細かく、結構な割合でこぼしてしまう。しかも、カーペットだと落ちない!

神仙桑抹茶ゴールド ここが良かった!

イラスト
  • 青汁というより、抹茶に近い味わいで、とにかく飲みやすい。
  • 中国産ながら、日本で栽培する以上に安全面を考えられている。
  • 工場もISO9001を取得していて、意識の高さがうかがえる。

神仙桑抹茶ゴールド 商品情報

商品名 神仙桑抹茶ゴールド →公式サイトはこちら
価格 5,985円(60本入り)
申し込み特典 神仙桑抹茶ゴールド10本、茶筅マドラー、シェーカー、
メタボリ3点セット(万歩計・メジャー・記録用紙)

申込URL http://ochamura.com/mc/
公式サイトへ

このページのトップへ

おすすめ 青汁勝手にランキング

1位

青汁の常識を覆す
抹茶のような味わい。

神仙桑抹茶ゴールド

徹底管理された農場で作った桑の葉を使い、お茶職人が作った青汁。モンドセレクション金賞受賞の実力派青汁。

3位

明日葉を使用。栄養満点で飲みやすい。

ふるさと青汁

昔ながらの焼き畑農法で栽培した明日葉は、ケールよりも栄養価が高いと言われる。デトックス効果に期待!

4位

独自農法で育てた
ケールで栄養満点。

ファンケル青汁

中嶋農法といわれる特別な農法で作ったミネラル豊富なケールを使用。ツイントース配合もこだわりのひとつ。

5位

ほんとにマズイ。
それでも満足できる
王道青汁。

キューサイ青汁冷凍

ケールの味わいをそのまま飲む冷凍タイプの青汁。青くさく、飲みにくいのにまた飲みたくなる不思議さ。

青汁分野別ランキング

  • 総合満足度ランキング(粉末)
  • 総合満足度ランキング(その他)
  • 飲みやすさランキング
  • 原料へのこだわりランキング
  • 価格の安さランキング

美容ライター ほろのプロフィール

美容ライター歴10年超のアラフォー女。取材で得た知識をフル活用して、日々美容に励み中。
青汁を飲みはじめたのは、妊娠がきっかけ。そして生まれた息子2人はすでに身長180センチ。あぁぁ、時の流れを感じてしまう…。
野菜不足解消に期待した青汁も、今では美容に・健康にと、求めることがどんどん増え、ますます手放せません!

ぶった斬られた青汁たち

飲むだけではもったいない?

青汁活用法

青汁のいろいろ